勉強しない中学生

勉強ができるようになるには!中学生の親必見3つの解決方法

勉強ができるようになるにはどうしたらいいか、中学生の親にしてみれば頭の痛いことです。スマホやゲームに夢中になって勉強しなかったりと悩みはつきものですよね。

今回は勉強ができるようになるための3つの解決方法をご紹介します。

 

中学生が勉強ができるようになるには

  1. 勉強ができるようになるにはスケジュールを立てる
  2. 勉強ができるようになるには自分が実現できる目標を立てる
  3. 英単語を1日1つ覚える!だけでもいい。何か習慣する癖をつける

 

分かっているようでなかなか行動に移せないのが正直なところだと思います。

中学生の息子・娘さんと一緒にスケージュール・目標を立ててみてください。

誰かに目標を公表することによってプラスの展開になったという親御さんも多いです♪

 

 

 

よく読まれる
スタディサプリ(スタサプ)中学生に口コミ評判!値段よりも内容充実

スタディサプリ(スタサプ)は、リクルートマーケティングパートナーズが提供している中学生向けのオンライン学習講座で保護者さまからも口コミ評判となっています。   負けず嫌いな娘が塾に通っている ...

続きを見る

 

 

勉強しない中学生の特徴とは?どうしたら勉強ができるようになるの?

 

まず勉強しない中学生の特徴ですが、中学生に限ったことではなく、現代に生きる学生には共通して当てはまることだと思います。

単刀直入に言って、このデジタル時代には誘惑がたくさんありますよね。

スマートフォンやテレビゲームなど、時間を潰すことができるコンテンツが十年程前に比べて格段に増えています。

 

「遊び」と「勉強」を両立することはかなり難しい

実際、これらの「遊び」と「勉強」を両立することはかなり難しいことだと言えます。

ゲームやネットには特有の中毒性があり、また勉強と並行して進めることはできません。

 

学生時代に遊ばずにいつ遊ぶ?という疑問もあるかと思いますが、遊ぶことが悪いわけではありません。

人生には息抜きも当然必要ですよね。子どもも大人もそうです。

 

そうであれば時間を有効的に活用しよう

 

しかし、ここで言っておきたいのは、時間を有効的に活用できていますか?ということです。

遊びと勉強の両立を達成するということは、決して不可能なことではありません。

 

まず、勉強しない中学生に共通することとして、時間の管理が出来ていないことだと思います。

時間の管理とはつまり、スケジュールを立てるということです。

 

中学生が勉強ができるようになるにはスケジュールを立てる!

 

もし全く時代を意識していない人は、生活にある程度の決まり事を設けてみましょう。

簡単なことで構いません。例えば、「朝は7時に起きる」や「休憩は勉強した時間の半分にする」などです。

 

そして決まり事を決めたら、まず3日間続けてみましょう。

3日間達成することができなければ、決まり事を変更して、自分が達成できるレベルまで落としましょう。

 

ここでのポイントはいかにハードルをギリギリに設定するかということです。

いきなり難しい目標を立てたところで、実現できなければ意味がありませんよね。

 

中学生が勉強ができるようになるには目標を立てる!

 

楽なものでも構いませんので、自分が実現できる目標を立てましょう。

目標を持つということは、生活にとって重要なことです。

 

勉強しない人は、勉強をしないだけであって、勉強ができないわけではないのです。

 

英単語を1日1つ覚える!だけでもいい。習慣化する癖をつける!

 

今全く勉強をしていない人は、1日1回でもいいので、問題集などを開いて勉強する習慣をつけましょう。

英単語を1日1つ覚えるなどでも良いですよね。

無駄にダラダラ過ごす時間を減らしましょう。

 

スマホを触る時間を減らしたり時間を有効活用しよう

 

1日は24時間ですが、そこから睡眠時間や食事、平日であれば学校の時間を引くと、空いている時間というのが導き出せます。

あその空いている時間をいかに有効に使えるかということが、学生生活でのカギになります。

 

スマホを触る時間を減らしたり、勉強する時はスマホを離れた場所に置くなど工夫をしたうえで、
勉強に取り組むようにお子さんへ促すようにするといいです。

約束事を決めるといいです。

 

勉強ができるようにしたい中学生の親御さんへ

  1. 勉強ができるようになるにはスケジュールを立てる
  2. 勉強ができるようになるには自分が実現できる目標を立てる
  3. 英単語を1日1つ覚える!だけでもいい。何か習慣する癖をつけよう!

さいごに

子供がゲームに夢中になったり勉強をしなくなるとついイライラして「勉強しなさい!!」と言いたくなるのも分かります。

子供に「勉強をしなさい」といってもやりませんし逆効果になります。

自分が言われたときのことを考えると、命令されてその通りに動きたいと思わないですよね。

 

ちなみに私は「勉強をしなさい」と子供に向かって言うのも命令形になるので「学校はどう?~」から問いかけるようにしています。

勉強をしなかったら成績は当然落ちますし、それは親の問題ではなく子供の問題として私は様子を見る場合もあります。

なので成績が落ちれば偏差値の高い学校に入ることはできず、職業選択の幅が狭まってしまう可能性があるということを教え込んでいるのです。

今回「勉強ができるようになるには!中学生の親必見3つの解決方法」と題して

  1. 勉強ができるようになるにはスケジュールを立てる
  2. 勉強ができるようになるには自分が実現できる目標を立てる
  3. 英単語を1日1つ覚える!だけでもいい。何か習慣する癖をつけよう!

紹介しましたが、当たり前のようでなかなか実践できないです。

お子さんと一緒についでにご自身も計画を立ててみてください。

私はそうすることによって子供とのコミュニケーションも取ることができたし信頼も築けやる気アップにもつながったと思います。

-勉強しない中学生

© 2020 スタササ Powered by AFFINGER5